小江戸の老舗を訪れる"

正上醤油店

小野川沿いにあって、軒を大きくせり出した堂々たる店屋敷は1832(天保3)年に建てられたという。舟の荷揚場である「だし」を目の前に持ち、かつての隆盛を偲ばせる「正上醤油店」である。そもそも、千葉は野田、銚子に大手醤油メーカーを擁することから、全国醤油生産量35%を生産している。が、なぜ千葉なのか?

醤油を生産するには大豆と小麦が大量に必要であることから、肥沃な大地が必要だ。また、生産された醤油を江戸に送るという観点から、江戸からさほど遠くないロケーションで、川や海を使った水運が発達している必要がある……という地の利に恵まれたのが房州、現在の千葉だったというわけだ。

かつて多くの醤油を江戸へ送りだしていた「正上醤油店」だが、現在は佃煮や「いかだ焼き」と呼ばれるワカサギを甘辛く煮た串ものが人気。しっかりと濃い味付けに酒やごはんが進む、進む。

千葉県香取市イ3406 Tel. 0478-54-1642

観音開きの土蔵窓は関東地方特有のもの。150年余りの歴史をもつ蔵には開かずの金庫があるのだという。気になる……。
10代目当主の加瀬幸一郎さんはクルマ好き。最近はキャンピングカーを購入し、夫人と旅に出かけるのが楽しみだとか。
定番の生醤油のほか、先々代が発案した「いかだ焼き」、小茄子を醤油と麹に漬けた「小なす三升漬け」も人気。

油茂製油

佐原に暮らしていた伊能忠敬は日記や旅行記など古文書を多く遺したことでも知られているが、その中で「油四(あぶし)」という名前で登場するのが、現在の「油茂製油」。現存する日本最古の油屋である。

江戸初期だったという創業当初は灯明用の菜種油を商っていたが、天ぷらが一般的になった江戸中期から現在は食用のごま油にシフト。原料の白ごまの焙煎から、常温で水圧による搾油、和紙でのろ過に至るまで、工程はすべて手作業で、伝統的な製法にのっとって生産されている。その味わいは機械で圧搾されたものに比してまろやか。えぐみがないのが特長だ。

現在の建物は明治25年の大火で焼失後に再建されたものだが、2階への急こう配の階段や格子などに当時の商家としての佇まいがうかがえる。運がよければ現当主のお母さまである並木恵美子さん(90歳)の昔語りが聞けるかもしれない。

千葉県香取市イ3398 Tel. 0478-54-3438

浅く炒った白ごまを石臼で丁寧に絞った「玉絞め一番搾りごま油」180g650円、ごま油に唐辛子・花山椒・桂皮・八角など8種の香辛料を加え、大鍋でじっくり辛みを抽出した「ラー油」180g1,500円。
22代目の当主である並木茂徳さんと、お母さまの恵美子さん。恵美子さんは昭和5年生まれだが、かくしゃくとして店先に立つ。
明治期の大福帳を見せてもらった。当時の物価や商いを知ることができる貴重な資料だ。
小瓶には恵美子さんお手製の千代紙包装が施されていた。ちょっとしたお土産にぴったり。

馬場本店酒造

かつて江戸中期の佐原には35軒もの造り酒屋が点在していたのだとか。全国一の酒どころである灘(兵庫県)に対し、「関東灘」の異名を持っていた佐原には「佐原名物、お酒に醤油、味醂に奈良漬島の瓜」と唄う名物歌も残っているほど。ただ、現在も残っているのは2軒だけ。そのうち、レンガ造りの煙突が街のランドマークともなっているのが「馬場本店酒造」だ。

ここで日本酒と並んで人気なのが「最上白味醂」。精白度の高いもち米を使用した白味醂は江戸時代の贅沢品で、夏には暑気払いのため大いに好まれた。味醂と焼酎を半々に混ぜたものを関西では「柳陰(やなぎかげ)」、関東では「本直し」と呼び、冷用酒として愛飲していたそうだが、これすなわちジャパニーズカクテルの始祖ではないか。かつての賑わいに思いを馳せつつ、冷たい本直しをグビリ。ほのかな甘みと米の香り……いい感じだ。

千葉県香取市佐原イ614₋1 Tel.0478-52-2227

「明治時代後期築の煙突は、レンガ造りにも関わらず関東大震災と東日本大震災を耐えてくれました」と語る15代目当主の馬場善広さん。
蔵の内部は一部見学可能。江戸~昭和初期の酒造りに使われていた道具類が無造作に置かれている。
「大吟醸 海舟散人」(右から2番目)は全国新酒鑑評会でも金賞を受賞している「馬場本店酒造」を代表する日本酒のひとつ。
みりんが熟成されている蔵。深みのある甘さを引き出すために、清酒より長く、55日以上タンクで保温し続ける必要がある。

佐原イノベーション

昔からの家業を大切に守る気風の佐原商家町にあっても、新しきを興すイノベーターは多く生まれている。古民家をレストランに転用する人、伝統の和菓子を現代風のスイーツへ進化させる人、都会とのダブルワークでカフェの夢をかなえる人……新旧が絶妙なバランスを保ちながら同居するのが佐原の面白いところだ。

なかでも、1657(明暦3)年創業の「虎屋菓子舗」は店を全面リニューアルし、30種あった商品を5種類にしぼって展開。店に残されていた資料を整理していたところ、偶然に発見されたという生地を虎のシマ模様に焼き上げる「とらやき」をパフェに仕立てる「TORA3°」が好評を博している。

「虎屋菓子舗」の新商品「TORA3°(トラサンド)」は、「とらやき」の生地に北海道小豆のあん、フレッシュ生クリーム、国産フルーツソースをサンドした人気スイーツ。●千葉県香取市イ1717-2 Tel. 0478-52-2413
忠敬橋のたもとにある「珈琲玉澤」は金・土・日曜だけオープンするユニークな営業スタイル。壁一面に置かれたレコードや書籍のラインナップを拝見するに、ご主人は相当の趣味人なようだ。●千葉県香取市佐原イ3401 Tel. 0478-52-3756

加瀬農園

東京のベッドタウンと思われがちな千葉県だが、実は農作物の生産量は全国で3位という有数の農業県でもある。その千葉県香取市で、有機農法の黎明期からオーガニック野菜を栽培しているのが「加瀬農園」。農園主の加瀬嘉男さんは東京のレストランやカフェにも卸す上質な野菜の作り手として著名な人物でもある。

彼が作るオーガニック野菜のなかで、特筆すべきはまずニンジン。畑から掘り出したばかりのニンジンを丸かじりにすると、柿をかじったかのようなほのかな甘みと香気が漂った。ニンジン嫌いな人にもぜひ試してみてほしい逸品である。

「ちょっと草を取ってみる?」と声をかけられ、畑の畝に足を踏み入れてみる。2週間ほど前に蒔いたというニンジンの新芽の横に雑草がチョロチョロ。「根を残さないで抜いてね、ニンジンと間違えちゃダメよ」という加瀬さんのアドバイスに従い、慎重に引っ張ってみると……指先にズボリという感覚を残して雑草が気持ちよく抜けた。これはハマる楽しさだ。「土がいいからキレイに抜ける。都会の人はこれでストレス解消できるみたいよ」。

25年に渡って有機農法を続けてきた加瀬農園の土はふわりと柔らかくキメが細かい。ここからあのみずみずしく、フルーティな味わいのニンジンや紅芯大根が生まれてくるのか——そう考えると大地が愛おしくなり、いつまでも触っていたくなった。

香取市で代々農業を営み、4代目という加瀬嘉男さん。早朝から日暮れまで、土をいじっているときがいちばん楽しいと最高の笑顔を見せてくれた。
豊穣の大地が育むオーガニック野菜
#新しいニッポンのロードマップ
#1
大海原と豊穣の大地。
世界が変わる絶景ロードへ
READ MORE
#新しいニッポンのロードマップ
#2
悠久の商家町
佐原とNIPPONIA
READ MORE

FIRST DRIVEがおススメするドライブ旅行
『海を駆け抜け、まだ知らないノスタルジーの街へ』

FIRST DRIVEが提案する旅は、ナビゲーションが推奨した目的地への最短ルートを辿るのではなく、感動で心震わす最"感"ルート(ドラマティックルート)を駆け抜けます。 見知らぬ大地を知る感動と、クルマのドライバビリティに心躍る瞬間をお届けします。

Keyword: